トーエイ株式会社

お問合せ

HOME リサイクル事業 下水道管路更生修繕改築事業 採用情報 コンプライアンス 会社案内

リサイクル事業

ガラスリサイクル

「ガラスで砂を」━地球環境に、何重にも貢献する新事業です。

リサイクルの優等生、ガラスびん。しかし、青や緑色の美しい色付きガラスびんや割れたり汚れたりしたガラスは、色の微妙な違いから、元通りのガラスびんに生まれ変わらせることが困難。そのため、回収しても、従来は埋め立て処理されるのが普通でした。

トーエイでは、こうしたガラスびんを、ガラス造粒砂「サンドウェーブG」として再生しています。ガラスリソーシング(株)の開発した特殊破砕技術により、直径0〜5mm・5〜10mmの、角の取り除かれたガラス粒に加工します。すでに愛知県東浦町に、年間12万トン処理相当のプラントを建設し、一般廃棄物・産業廃棄物の両許可を取得し、生産を開始しています。

ガラス造粒砂の主な用途は、軟弱地盤改良工事のパイル砂や路床材、暗渠資材、ガス管等の埋め戻し材等。山砂の代わりに使用することで、山砂採取による環境破壊を防げるメリットがあります。また、透水性が高く、通常の透水性舗装と比べて路盤の表面温度を下げる効果もあり、ヒートアイランド現象の抑止や大雨による洪水、運動場の排水性向上に効果が出ています。また、グリーン調達に最適な資材といえます。さらに、腐敗や有害物質溶出の試験もクリアーし全く問題ありません。
[ヒートアイランド抑制対策に関する報告書]

2006年には、地元役場や金融機関の駐車場舗装工事で使用。今後も多彩な用途が期待されています。ガラス再商品化工場には、ショールームも開設。工場と併せて、ぜひご覧ください。

廃ガラスリサイクルフロー
Copyright (C) Toei Corporation. All Rights Reserved.