トーエイ株式会社

お問合せ

HOME リサイクル事業 下水道管路更生修繕改築事業 採用情報 コンプライアンス 会社案内

会社案内

ごあいさつ

地球環境の問題が人々の関心を集めるようになって久しくたちますが、現在、地球の温暖化のスピードにブレーキがかかることはなく、深刻な問題となっています。環境問題について考えることは誰にでもできますが、実際に地球温暖化の進行を阻止できる人や機関は限られています。私たちトーエイは、幸いにも事業として環境問題に取り組んでおり、二酸化炭素の排出抑制や化石燃料の枯渇防止に貢献できる存在の 1 つと思い、日々その具体化に向けた研究開発や製品作りを行っております。

トーエイは1961年、東浦町の有志の議員で東浦衛生組合が誕生し、その後、現在のトーエイ株式会社に継承され、現在では長年の処理技術の蓄積を活かし、一般・産業廃棄物や家電、ガラス、廃油などの資源再生を行っています。また、下水道の管更生や浄化槽の維持管理も行っています。家電リサイクルでテレビのリサイクル率では国内トップクラスを誇ります。「ごみから資源をリサイクルする」ことから、「原料から商品を製造する」というのが私たちの考え方。資源のない日本という国で、資源を生み出す製造工場―それが私たちの目指すあり方なのです。


今後は、さらなる処理技術の向上に努め、廃プラスチックやその他有価物を中心に、より一層のリサイクル率の向上を目指していきます。

プラスチックリサイクルの分野では、使用済み家電製品の廃プラスチックを再生処理し、その原料は自動車の音響製品 ( スピーカー ) に広く使われています。その功績が認められ 2014 年 12 月 10 日にメーカーから感謝状をいただきました。

また、リサイクルが困難な色付きガラスびんを、ガラス造粒砂「サンドウェーブ G 」に加工する事業も展開しており、国内外から注目を集めています。そして 2014 年 8 月 22 日に愛知県からガラスを原料として初めてリサイクル資材評価制度の「あいくる材」の公式認定をいただくことができました。公共工事への大規模な利用が見込まれています。


私達の取組は一歩ずつからですが、こうした日々の業務の積み重ねが地域を動かし、国や世界へと波及し地球環境を救うことにつながると信じています。この東浦町という地域は、徳川家康の母である於代の方の出生地。日本の歴史の母なる地ともいえるこの場所から世界に向けて、リサイクルのあるべき姿を発信していくことが、私たちの願いです。

トーエイ株式会社
代表取締役 今津 昭

Copyright (C) Toei Corporation. All Rights Reserved.